So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

生きるということ [その他のトピックス]

先週末のこと。
生徒さんから年賀状のお返事をいただきました。
差出人のお名前をよく見てみると、生徒さんの奥様からでした。
いただいたお葉書には、その生徒さんが昨年の夏に亡くなられたことが書かれていました。

シゲユキさんは約8年前に初めて受講され、その後わからないことがある度に年に数回受講されていました。

最後に受講されたのは昨年の4月でした。


シゲユキさんはパソコン以外にも、放送大学を受講されていました。

いつの受講の時だったか、そんなお話になった折に


「いやあ、統計学ってなかなか面白いんだよ」


とおっしゃっていたのが今でも心に残っています。


ご本人がおっしゃるには、若いころは勉強したくてもできなかったので、今になって昔できなかった勉強をしているんだとのことでした。

パソコンもその中の一つだったそうです。


そのお話を伺った時、シゲユキさんはすでに80歳を越えていらっしゃいました。


最後に受講された後も、何度か街中でお見かけすることがありました。

でも、なんとなくお声を掛けそびれてしまいました。

それが今では悔やまれます。


僕も「人生五十年」の時代だったら、すでに「余生」の季節に入っています。

それにもかかわらず気が付くと、なんと時間を無駄に過ごしていることか。

また怠惰な私は「明日で間に合うことは、明日やろう」というような先延ばしの生活を送っています。

そして、自分はもう若くないからと、自分の年齢を「やらないことの言い訳」にしています。

そんな私の在りようを、シゲユキさんはキッパリと、厳しく否定してくださっています。


もうシゲユキさんにお目にかかることはできませんが、寡黙なシゲユキさんが朴訥と語ってくださったことを胸に、少しでも前に進んでいきたい、いかなければ、とそんな気持ちにさせられました。


ご冥福をお祈りします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。